ツーショットダイヤルというもの

皆さんはツーショットダイヤルというものを知っているでしょうか?昔やったことがあるよという人もいるかもしれません。
このサービスはやはり女性はタダでつかえて、男性が料金を負担するというものです。
電話の出会い系といってもいいかもしれません。男性は電話料金以外に大体1分100円くらいをはらいます。
テレクラなどと違いこのサービスは、家で使えるということで、使う男女が多かったのです。

やはり利便性に優れているから流行ったのですね。どうでもいい相手はチェンジできて、本当にこういったものをやる人が多かったのですが、サクラなどが横行し料金も相当高かったため規制させました。
NTTが規制したのですが、今でも細々と残っています。国際回線を使い、昔と比べれば相当少ない数ですが
それでもちゃんと利用している人はいるのです。
かなり特殊な性癖の持ち主を探すそういうものとして存在しているようです。誰か相手を探したいなら迷わず出会い系という人も多いでしょう。今はその方が便利ですし人もいます。でも相当マニアックな趣味を探すのは大変です。出会い系でも見つからないということはないですが、骨が折れるのではないでしょうか?

そして見つけられても実際こちらと付き合ってくれるとは限りません。ですので住みわけというかこういう用途はこっち、こういう用途はこっちというふうにしているのでしょう。
ですので自分が特殊な趣味をもっているなぁと思っているのなら、こういうもを利用してもいいかもしれませんね。

ノンアダルト系モコム

「ノンアダルト系モコム」の魅力について「ノンアダルト系のモコムでは、絶対に刺激的な内容が含まれる会話はすべきじゃないのか」と、参加する前に疑問が浮かぶ男性の方が数多くいらっしゃると思います。
しかし、たとえ「楽しい会話」がメインである「ノンアダルト系」と呼ばれる「モコム」でも、本当は刺激的な内容の会話をしても大丈夫だという女の子(チャットガール)達は沢山います。
もし、一見すると性的な内容が含まれる刺激の強い会話とは全く縁が無さそうな絵に描いた様な「清純派」の女の子と、一度でも良いから、そんな会話したいと強く希望される方は絶対に「ノンアダルト系」の「モコム」を利用すべきです。
「ノンアダルト系」でも話し相手になってくれる「チャットガール」は沢山います。
その中には、見た目からは想像できない変わった個性を持った子もいるので、決して飽きが来る事はありません。

それに「利用料金」に関しても、「ノンアダルト系」は「アダルト系」と比較すると料金が安くて利用しやすい値段になっているので、たとえチャット自体が予定より長くなってしまっても後から法外な料金を請求される様な事はありません。
女の子達との会話で心身が癒される「ノンアダルト系」の「モコム」は主に、「チャットガール」と呼ばれる女の子達との「会話」がメインになっています。
そして、この「ノンアダルト系」の「特徴」は、可愛い女の子達との「会話」で日々のストレスや疲れを忘れたり、時に励ましてもらって癒される事です。
「アダルト系」の「モコム」では、女の子が刺激的で時に濃厚な姿を見せて、男性を映像で楽しませてくれるのが「売り」になっています。
しかし、それで興奮することはあっても癒される事は少ないでしょう。
それに比べて「ノンアダルト系」の「モコム」は、女の子から進んで男性の悩みを聞いてくれたり、一緒に解決方法を考えてくれるので、普段は人に言えなくて内面に溜め込んだ鬱憤や不満を吐き出すのには最高の場所ともいえます。

特に自分の気に入ってる子や、親しくなりたいと思っている子に悩み打ち明けたり、時に励ましの言葉をもらるだけで、ストレスの発散だけでなく心が軽くなって、明るい気持ちで日々を過ごす事だって出来る事もあります。
場合によっては女の子を脱がせる事もできる「モコム」のジャンルが「ノンアダルト系」でも、話し相手になってくれる女の子達が嫌がらなければ、自分から衣服を脱いでくれる場合もあるのです。

これが「アダルト系」の「モコム」で相手をしてくれる女の子(チャットガール)達なら、親しくなると脱衣映像を見せてくれるのは当然だと思うでしょう。
ですが、基本的に刺激的な内容や会話が「売り」でない「ノンアダルト系」で話す女の子(チャットガール)達が、自分から衣服を脱ぐ姿は「アダルト系」と違って「いけない事」をしている気がして興奮するはずです。
これは一種の「財宝探し」とも言えます。
そんなドキドキやワクワクを感じながら、自分から脱衣映像という「お宝」を見せてくれる女の子を探すのも、「ノンアダルト系」を楽しむオススメな方法の一つです。

サクラがいない出会い系サイトはある?

せっかく利用する出会い系サイトですから、サクラなんかに邪魔されたくないですよね。
しかし残念なことに、サクラのいない出会い系サイトはほとんどないと言ってもいいです。
以前のサクラは有料サイトに誘導するのが役目でしたが、最近ではサクラのアルバイトなどもあり、話を延ばしたりして男性からポイントを取るのが役目です。モコムなどでは顔を見て話せるので、思わず長くおしゃべりしてしまいがちです。

こうやって男性の興味を惹いておくのがサクラの役目です。サクラの単価は低いですが、時間がかかればかかるほど収入になります。
最近では女性向けのサクラもいて、「100万円で会ってください!」など、お金で釣ることが多いようです。息子が恋愛しないのを心配に思った父親が投稿したり、女性が有料な出会い系サイトに誘導したりして、逆にお金をかけさせるパターンです。

しかし女性は会うだけで100万円もらえるのならと、誘いに乗ってきます。しかし出会い系サイトのシステム云々で、なかなか直アドを交換できません。
サイト内のメールでも、◯日に会いましょうと書くと、相手に届かないようです。これはメールの内容を見られているとしか考えられません。こんな悪徳業者には注意しましょう。

それほど難しく考えることはありません

たまの日曜日、とてもいい天気だけど、外へ出掛けても目に付くのは仲のいいツーショットの笑顔ばかり。
あ~自分の隣にも誰かいて欲しいな、でも職場にもいい女はいないし、いっそのこと出会い系サイトに申し込んでみようかと、出会い系サイトに登録しました。
でもここでプロフィールという壁が立ちはだかっているので、どうしてもいい女性に出会えないという方もいると思います。
プロフィールは自分のニックネームや仕事や経歴、趣味なんかをズラズラッと文章にして書けばいいだけだろう。
趣味といっても、おれは何が好きなんだろう…。
自動車は免許を持っているだけで車種にこだわりがあるわけじゃない、ファッションは、そんなにブランドに詳しいわけじゃない、好きな音楽やテレビ番組はあるけど、相手が聞いたりみてなきゃ通じないよ、人を笑わせるようにうまく話せる自信もない、自分は人に自慢できる事もない平凡な男だ、いったい何を書けばいいんだ?「文章を書く」というと、学校で習ったように原稿用紙を前にして、腕組みをしているころに戻ってしまうかもしれませんが、それほど難しく考えることはありません。
これはテストではなく、何を書いても正解なのですから。

あなたが楽しいと思ったこと、ちょっと困ったけど運良く解決できたこと、街で見掛けたビックリしたことなどなど、友達に話して聞かせるように、ファーストメールに書き添えましょう。
「この間、映画を見に出掛けたんだけど、そのとき気付いたんだよね」と自分の気付きを書いてもいいですよ。
ああ、この人はこういうことに気付く人なのだと、あなたの人となりが伝わります。
インターネットは匿名性の世界だから、自分のことは何一つ話さなくてもいいんだという人も、一部では確かにいますけれども、やはり女性は安心して自分をさらけ出す人に魅力を感じるものです。
魅力を感じるからこそ、あなたと話がしたいと思った女性は、あなたに返事を書くのです。

チャットレディーになるには?

「モコム」で働く「チャットレディー」になるためには普通のアルバイトの様に働きたいサイトから応募しようとしても無理なのです。
何故なら、一般的に「モコム」を扱うサイトでは「チャットレディー」の求人情報を出していないからです。
では、求人情報は何処に掲載しているのか。
それはインターネットに多数ある「仕事情報」・「求人情報」を専門に扱っているサイトです。
「モコム」の求人は、その様なサイトで「モコム」を運営している会社の幾つかが、「チャットレディー」の募集や求人に関する詳細な記事をサイト側に許可をもらって掲載しています。
なので「モコムで働きたい」・「チャットレディーになりたい」と思ったら、最初は「モコム」を扱っているサイトに行くのではなく、仕事や求人の情報を専門に扱っているサイトで募集が行われていないか確認してみてください。
この時の注意点は、まず年齢です。

基本的に「チャットレディー」として働けるのは、十八歳以上の方です。
この年齢基準を満たしていれば、誰でも「チャットレディー」になれる可能性はあります。
しかし、女性が「モコム」に参加する時は自由に使えるパソコンからインターネットを介して働くサイトに「リアルタイム映像」を配信しなければなりません。
そのため、下記の三つ要点が一つでも欠けていると働けない場合もあります。
1.「モコム」に参加ができるパソコンを持っている2.パソコンに映像を配信「Webカメラ」を事前に用意できる3.「Webカメラ」の映像を十分に処理できるだけのインターネットの回線を自室や自宅に引いている(ブロードバンドや光回線が望ましい)この三点は「チャットレディー」として働く際に必要な最低限の用意です。

年齢が十八歳以上で尚且つ、この三点の用意が出来ている、または出来るのならば、後は「チャットレディー」として働きたいサイトの求人情報を見つけて、そこから「アルバイト」等の名目で応募すれば直ぐにサイトに出れる事もあります。
その際に「モコムもチャットなのだから、文字を打つのは早くないとダメなのか」等の疑問を持つ方もいらっしゃるでしょうが、そんな方はパソコンに接続して使える「マイク」で文字ではなく、声でチャットに参加するのも一つの手です。
これなら、打つのが苦手な人でもコミュケーションを取ることが出来ます。
ですが、この「マイク」は「Webカメラ」と違って自分で用意しなければいけないサイトもあるので、その点はちゃんとサイトに確認をとっておきましょう。

Copyright© 2010 モコム 必ず楽しめるライブチャット紹介 All Rights Reserved.